トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

21巻1号

キーワード

昭和14年1月(21巻1号)(地方通信

20巻12号21巻2号

http://library.jsce.or.jp/Image_DB/mag/dokai/pdf/21-01-0115.pdf

 関東地方

茨城県下二橋の復旧工事着手
水害で流失した那珂川大橋(東茨城郡沢山村・那珂郡野口村間)、千歳橋(東茨城郡渡里村・那賀郡柳河村)の架橋工事に着手。工費それぞれ10万5500円、8万400円。
埼玉千葉両県界野田橋の改築起工
江戸川架橋の野田橋架替へ。12月9日起工式、工費45万円。17巻10号参照。 
東京府下新建設の六道路
北多摩郡府中町。都市計画道路として?6大路線新設へ。路線・経由地一覧。

 北陸地方

新潟県の橋梁の架替と道路の改修
新潟県の明年度橋梁工事・道路工事予定個所一覧。
竣工した新庄川橋と小川橋
富山県。新庄川橋は指定府県道4号線、射水郡新湊町に架設。長416.966m有効幅6.5m、ゲルバー式鉄筋コンクリート橋。その他詳細な概要掲載。小川橋は21巻2号に。

 東山地方

山梨県下道路改良工事の完成
下部本栖線、飯富下部線が完成、12月3日中之倉トンネル東口で開通式。下部本栖線は本栖湖畔から身延線常葉駅に通じる2万1302m幅5mの道路で昭和9年9月起工、総工費55万円。中之倉トンネル(長390m幅5.5m高さ4.75m)と本栖トンネル(長60m幅5m高さ4.75m)の難工事を経て10月末に竣工。飯富下部線は9年4月着工、当初は地元町村の農村振興費並びに救農土木事業として1万9600円の工費で着手されたが翌年に県道編入、県からの増費6万6000円を加えて工事が行なわれてきた。延長5227m幅5m。鳩打トンネル(長312m幅5m高さ4.3m)などで工費がかさみ9万54670円に、また昨年10月に打ち切られた?が進行中の勝沼大月線と合わせて富士山麓-身延間の連絡道(環状路線)として活躍するだろう。
長野県土木工事の個所決定す
本年度災害復旧土木工事の国庫補助分は国道10号線諏訪郡富士見村ほか271カ所、西筑摩郡楢川村二ノ沢橋ほか67橋、砂防は埴科郡坂城町他77カ所、合計630カ所。市町村災害土木補助分もあり。

 中国地方

岡山市幹線道路の舗装
県道殿橋省線岡崎駅間の改修舗装工事は殿橋寄りの800mを残すのみ。またこれ以外の区間1500mも来年度継続事業として鋪装される運び。
岡山県岡山市街の道路十二線目出度竣工す
岡山市都市計画(15巻7号16巻1号報)のうち緊急を要する12路線を選んで昭和3年度から着手した都市計画第一期事業が11月30日に終了。着工から11年目。
広島県内新装の仁方隧道成工
広島県賀茂郡広村、仁方町間、県道呉内海線。長260m取付道路1500m余り幅員5〜6.5m、工費11万2000円余り。11月27日に竣工式。
山口県内国道二号路線の改良
国道2号下関徳山間の改良工事に着手。5カ年または6カ年継続事業、延長47.5km幅7.5〜9m。初年度予算10万円。

 四国地方

高知県高知市内失業救済事業中道路拡策決す
本年度の失業救済資金中8000万円を投じ、帯田市立商業学校の北側から潮江新町を通じて九反田橋に至る道路の拡築に着手。

ご意見・ご指摘・ご要望は下記まで

日本の廃道 nagajis (http://www.the-orj.org