トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

第8巻第5号

第8巻第5号 昭和7年5月発行 (1932年)

第8巻第4号第8巻第6号

http://library.jsce.or.jp/Image_DB/mag/gaho/kenchikukouji/08-05/08-05-1642.pdf

大東京七年度計画路線内容
[東京府]大東京建設に伴う昭和7年度東京府失業救済都市計画路線工事について。工事費のみで330万円、用地補償費を合算すれば700万円にのぼる。内訳は△渋谷町地内13ノ7号線(工費12万円)△千駄ヶ谷地内13ノ10号線(16万円)△大久保町地内13ノ11号線(1万6000円)△高田町地内13ノ12号線(12万6000円)△三河島町地内13ノ15号線(1万4000円)△砂町地内13ノ17号線(53万円・橋梁工事費含む)△淀屋町地内13ノ19号線(27万円)△大崎町地内13ノ20号線(28万円)△寺島町地内13ノ21号線(11万円)△大森町地内13ノ23号線(16万円・橋梁工事費含む)△目黒駅前跨線橋(2万円)△高田町地内21ノ11号線(6万円)△大井町地内22ノ19号線(27万円)△渋谷町地内22ノ21号線(49万円)△千駄ヶ谷町地内22ノ22号線(27万円)△戸塚町地内22ノ25号線(6万5000円)△滝野川町地内22ノ2号線(20万円)△吾嬬町地内22ノ28号線(5万円)△荏原町地内放2号線(20万円)△代々幡町地内放5号線(58万円)△杉並井荻町地内放6号線(35万円)△板橋赤塚町地内放8号線(39万円)△三河島尾久町地内放11号線(20万円)△大森並に池上町地内補8号線(33万円)△目黒町地内補18号線(工費20万円)△落合町地内補43号線(22万円)△落合町地内補44号線(28万円)△王子町地内補59号線(2万5000円)△三河島待ち地内補65号線(3万5000円)△千住並に西新井町地内補65号線(3万8000円)△千住町地内補67号線(4万5000円)△本田町地内補86号線(24万円)△渋谷町地内還6号線(20万円)
琵琶湖周遊道路明年中に完成か
滋賀県]近江の琵琶湖周遊ドライブウェー完成の最後の鍵である海津木之本線は7年度から付替改修が行なわれてているので滋賀県当局では去年26日から土木課員が現場に出張、伊香郡塩津村岩熊から同郡永原村月出を経て八田郡までの約4000間の実地測量を開始した。主務省から起債の認可がありしだい着工、明8年度中には竣工の予定である。
京浜間に新国道
神奈川県東京府と協力して現在の京浜国道に並行しさらに国道を一本作るべく立て、目下調査中である。昨年県が行なった交通調査の結果によれば現在の京浜国道は交通輻輳して狭隘であり、軍事上からもまた横浜市並びに県の埋立地の完成でこれが必要を痛感する訳である。
香川県の道路費
昭和6年度の香川県下道路修繕費補助9353円はこのほど開会した臨時県参事会の議決により、左記路線へ交付することとなった。△大橋線270円(nagajis注:2700円?)△海岸線893円△中徳三切線2700円△江畑道2990円△平木氷上線500円
京都市国道改良費
京都府]京都市から申請の国道改良費の国庫補助に対し、左のとおり鈴木内相から1万5000円を交付する旨1日指令。1.2号国道東大路改良費に5000円を補助 1.大正9年より同14年間に実施の街路改良費に対して1万円を補助。
荒玉水道拡張計画
東京府]北豊島郡荒玉水道町村組合では総工費74万8211円の予算をもって拡張計画をたて、水道配水管増設工事をなすべくこれが工事施工認可方を申請中であったが、いよいよ近日中に認可される見込み。給水地域は北豊島池袋一帯で、これが工費の支出は敷設費の剰余金約100万円を充当するはず。
信濃発電圧力隧道
信濃川水力発電所新設に伴う圧力隧道の選定について本省建設局で打ち合わせ中だったが、4月上旬に確定するはず。第2巻第1号第2巻第6号第2巻第8号第3巻第9号第7巻第8号に関連報。
(見出しなし)
逓信省建築技術関係に3月下旬次の移動があった。△和田信夫氏 逓信技師高等官二等経理局営繕課長を命ぜられる。△藤本勝往氏 依願免本官逓信省経理局営繕課長。
清滝街道六月完成
大阪府大阪府下から王寺を経て奈良に入る県道は例の峠の地滑り(nagajis注:亀の瀬地滑り)のため交通上支障を来しているので、この代替として河内郡から生駒郡北倭村に至る清滝街道が富雄村を経て奈良市に至る重要な路線となり、貨物自動車などの交通量が急増している。この道路のうち北倭村高山芝橋から北田原に至る約2kmには狭隘のうえ凹凸が多いので、県では工費2万円を投じてこれを幅員2間半に拡張すべく目下実測中。6月頃までに完成の予定。
間組新築移転
株式会社間組は去年事務所を青山南町1丁目1番地に移転した。従来丸ビルで営業していた同建築部も同時に新事務所に移転。
今井宏氏
同業鉄道新聞社長今井宏氏はかねて病気中のところ4月16日に逝去。19日午後1時より下谷中根岸の安楽寺において告別式、享年34才。

囲み記事:京阪国道改修土木工営所長 原田民部氏近影

第8巻第4号第8巻第6号


ご意見・ご指摘・ご要望は下記まで

日本の廃道 nagajis (http://www.the-orj.org