トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

25巻4号

キーワード

昭和18年4月(25巻4号)(地方通信

25巻1号25巻5号

http://library.jsce.or.jp/Image_DB/mag/dokai/pdf/25-04-0091.pdf※目次ページが欠落しているためかindex.htmlからも漏れているが、記事自体は存在

北海道管内道路施設全面拡充
鉄鉱山道路の開削、腐朽橋梁の応急架替などに重点を置いた次年度予算が成立。地方費においては橋梁架替55個所(予算92万円)、指定府県道修繕12個所(6万4700円)、指定橋梁修繕9個所(2万6900円)。拓殖費においては道路橋梁その他指定工事44個所(予算180万円)。

福島県鮫川橋の起工式挙行
@石城郡。鮫川の氾濫を防ぐ改修工事に1月21日着手、鮫川橋畔で起工式。総工費150万円、本年度から3カ年継続事業。
長野県県道橋梁の補強
18年時点で県下の橋梁数は2850橋あり、鉄橋・鉄筋コンクリート橋は約900。残りの1950橋は木橋で、荷重制限を行なっているもの479橋、中でも約80橋は本年度または明年度に架替・修繕を行なう予定。暫定的に「突っかえ棒」で補修したものもある。
高知県下足摺岬迂回線着工か
県道足摺線、伊佐、津呂、窪川間の敷設に来年4月から着手。昭和12年の支那事変勃発で一時中止になっていたもの。総工費26万円、半額は県費支弁、残額は清水町の起債を予定。
高知県下林道の竣工目前に迫る
幡多郡大正村森林組合が建設中の林道がまもなく完成。昨年9月着工、同村田野々橋から檮原川の西岸に沿って江師部落に至る3050m、工費4万4000円。

ご意見・ご指摘・ご要望は下記まで

日本の廃道 nagajis (http://www.the-orj.org