トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

23巻10号

キーワード

昭和16年10月(23巻10号)(地方通信

23巻9号23巻11号

http://library.jsce.or.jp/Image_DB/mag/dokai/pdf/23-10-0102.pdf

名敦道路の完成迫る
昭和11年頃(18巻10号)から始まり、19巻5号21巻8号20巻5号20巻6号とたびたび報じられてきた名敦道路(名古屋敦賀間約140km)がまもなく全線開通。名古屋土木出張所職員による実地検査が始められる。(注:この報のなかで道路幅員は伏せ字とされている。軍事防諜上の理由からか)

左側通行のタイル文字道路上にタイルで現はる
岡山県宇野市。宇野駅前から渋川海岸に至る2里のアスファルト舗装道路に、タイルで「左側通行」の文字を入れて交通整理に一役かわせようという計画が。
茨城県下涸沼川の改修工事
那珂川に引き続き涸沼川も河川改修へ。国庫補助を受けて昭和17年度から。
名古屋交通難も解消か
愛知県。名古屋市内の省線・私鉄の高架化を検討する委員会が市内の実地調査を開始。名古屋土木出張所の千田工務部長の談話。

ご意見・ご指摘・ご要望は下記まで

日本の廃道 nagajis (http://www.the-orj.org